産業保健師の転職に強い求人サイトは、どこ? 産業保健師の記事一覧

産業保健師に新卒ではなれないって本当?

大学の看護学部を卒業すると、看護師と同時に保健師の資格を取得できます。保健師の資格を生かして、働く人の健康を守りたい!と産業保健師を志す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実は、新卒で産業保健師になるのは非常に難しいのです。新卒で産業保健師になるのが難しい理由とは何でしょうか?

また、どうしても新卒で産業保健師になりたい人が知っておきたい最短ルートとは?

産業保健師に新卒ではなれないのは「臨床経験」が必要なことが多いから

産業保健師は、企業で健康指導や保健相談をする仕事です。実際に看護ケアをするわけではないので、臨床経験は不要なのでは?と思う方も多いでしょう。

しかし、実際の求人を見てみると「臨床経験3年以上」「臨床経験必須」という記載が目立ちます。それは、社員の健康状態を適切に判断する力があるかという点で、臨床経験が評価されるためです。

多くの企業では、産業保健師の業務の1つとして、「急病人対応」を挙げています。これは、社内で体調不良を訴えた社員や怪我をした社員に対して、適切に対応できるスキルが求められるということです。

病院と異なり、医師が常に側にいる環境ではないため、保健師の適切な判断で受診や休養をさせなければいけません。これが、産業保健師に臨床経験が求められる理由です。

産業保健師に新卒ではなれないのは「臨床経験」+「産業保健師経験」が望まれるから

更に、臨床経験を積んだ看護師・保健師であっても、産業保健師への道は開かれているとは言い難いのが現状です。

産業保健師の職場は、多くは1人や2人など、少人数の職場です。そのため、先輩保健師から指導を受ける機会がないことが多く、判断に迷っても、先輩にすぐ相談することが出来ません

多くの求人が「産業保健師経験〇年以上」を掲げているのは、産業保健師として、1人で業務を回せる力を持っているかどうかの判断材料にするためなのです。

産業保健師が新卒として採用されない理由がお分かり頂けたでしょうか。産業保健師は、医師に代わるとまでは言わないまでも、高度な知識と判断力を必要とされる仕事なのです。

しかし、絶対に新卒で産業保健師になれない!というわけではありません。

産業保健師に大学新卒でなるためには?

大学卒業とともに産業保健師を志す場合、最短ルートは、大学から大手企業の健康管理部門へ就職することです。

日本を代表するような大企業で、製造業(メーカー)の場合、保健師が10名以上の手厚い体勢を敷いています。

そのような企業の場合は、新人保健師を教育する体制が十分に整っているため、新卒の採用を行っていることがあります。

このような企業が新人保健師を採用する際は、公募を行うよりも、各大学の産業保健や地域保健の研究室へ、直接声をかけるケースが多いようです。

大学に在学中で、産業保健師を志す方は、学内の地域看護学・産業看護学の教授に早いうちから相談をしておくと良いでしょう。

逆に言えば、求人サイトなどを利用して大学新卒が自力で産業保健師として就職できる可能性は限りなくゼロに近いと言えます。

産業保健師に保健師養成学校の新卒でなるためには?

次に、看護師として臨床経験を積んだのちに、保健師過程を終了して保健師になった場合の「新卒」についてです。

このような場合は、臨床経験があるため、大卒の新人保健師よりも採用の可能性が高くなります

以下のような求人は、臨床経験があれば応募可能ですし、採用の可能性も充分あります。

・保健師が複数名いる企業の欠員補充

・産休代替の派遣社員

・企業内の診療所

産休代替の場合、働ける期間は限られていますが、比較的求人数も多く、採用の可能性が高いのも特徴です。

なかなか中途採用が出ないような大手企業で経験を積むチャンスが得られるのも、産休代替保健師の魅力です。

将来に備えて、「産業保健師経験〇年以上」と言える事になり、その後の就職活動にも有利になります。また、企業内の診療所では、即戦力として臨床経験を持つ保健師は採用される可能性が高いでしょう。

1つ注意が必要なのは、企業内の診療所で採用された場合の仕事内容です。診療所の看護業務だけに特化しているところだと、産業保健師としての経験を積むことができません。

診療所の看護業務と産業保健業務の両方を経験できる職場であれば、いずれ産業保健師として働く上で、十分な経験を積むことができるはずです。

この場合も、「産業保健師経験〇年以上」と言えるため、応募できる企業の数が格段に増えます。

このように、新卒保健師であっても、産業保健師への道は狭いですが開かれています。特に臨床経験がある場合は、チャレンジする機会は更に多いと言えます。

そんな企業で働く人の健康を守る産業保健師に是非なってみたいと思ったのなら、当サイトランキングの、産業保健師の求人に強い転職サイトへ登録してみてください。

産業保健師への転職に詳しいコンサルタントが、今までの経験を活かせる職場への転職をサポートしてくれます。

産業保健師の転職に強い求人サイトは、どこ? 産業保健師の記事一覧

このページの先頭へ