産業保健師の転職に強い求人サイトは、どこ? 産業保健師の記事一覧

産業保健師に資格として何が必要とされるの?

企業で働く人の健康を支える産業保健師は、体の病気だけでなく、心の病気や法律に関する様々な知識が必要な仕事です。

しかし、法律の上では、産業保健師になるために必要な資格は定められていません。そのため、産業保健師を目指す人が「何の資格を持っていればいいの?」と悩むことも多いです。

産業保健師を志す人が、必ず持っていなければならない資格とは何でしょうか?また、持っていると採用されやすい資格はあるのでしょうか?

産業保健師の資格は保健師じゃないとだめ?

産業保健師は、名前の通り、「保健師」資格が必要となる仕事です。保健師が看護師と異なる点は、「保健指導に従事することを業とする者」と定められている点です。

企業においても、健康診断の結果をもとに保健指導を行う業務が多いため、保健師資格を持っていることを採用条件としている企業がほとんどです。

しかし、数は少ないですが、看護師資格でも採用している企業もあります。

その場合は、企業内看護師として企業内診療所に勤務したり、学校の保健室のような急病人対応・一時的な医療処置を主な業務とするケースが多くなります。

産業保健師として長く働いていきたいと思うのであれば、保健師資格の取得は必須条件であると言えます。

産業保健師が資格として取っておきたいものは?

保健師資格を所持している場合、併せて取得しておきたい資格があります。それは、第一種衛生管理者という資格です。

衛生管理者とは、企業の安全衛生に関する業務のうち、衛生に関する仕事を行うための資格です。従業員が50名以上の企業では、必ず1人がこの衛生管理者を取得しなければいけません。

衛生管理者には第一種・第二種の2種類の資格があります。第一種衛生管理者は、業種に関係なく、全ての企業で衛生業務を行うことが出来る資格です。

保健師資格を既に持っている場合、最寄の労働局で申請すると、無条件で第一種衛生管理者の免許を取得することができます。

産業保健師として働く人は、ほとんどがこの第一種衛生管理者の免許を保持しています。まだ申請していない方は、今すぐにでも申請しておくべき資格です。

ここまでが、産業保健師として働く上で、持っておきたい資格です。そして、ここからは、産業保健師として求人に応募した際、採用されやすい資格をご紹介します。

産業保健師が資格によって採用されやすいのはメンタル系の資格

産業保健師として働く上で、健康診断や保健指導と同じくらい大きな仕事が、メンタルに関する対応です。

長時間労働や仕事の重圧、人間関係などから、うつ病を含めた精神疾患にかかる社員の数は増え続けています。

こういった人たちを支えるために、働く人のメンタルに関して知識を持つ人材を必要とする企業が増えています。

働く人のメンタルについて学べる代表的な資格としては、「産業カウンセラー」という資格があります。

国家資格ではありませんが、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が運営しており、認知度が高い資格です。

半年間の通学(週1回)もしくは1年間の通信教育(面接実習あり)の後に試験を受け、取得することが出来ます。

2014年度の合格率は68%で、保健師だけでなく、人事担当者など様々な人が目指すことのできる資格です。

働く人の心理や産業カウンセリングに特化して学ぶことが出来る資格なので、企業からの評価も高い資格です。

ただし、産業保健師として働きだしてからでも取得できる資格ですので、取得を焦る必要はありません。

産業保健師は中災防で取れる資格も検討しよう

保健師資格を持っているけれど、産業保健に関する知識がゼロで不安・・・という方は、中央労働災害防止協会(中災防:http://www.jisha.or.jp/index.html)の資格取得講座もおすすめです。

産業保健指導・産業栄養指導専門研修では、産業保健師としての基本的な知識を、3日間で学ぶことができます。メンタル相談に対応する心理相談員の資格も、3日間の研修で取得することができます。

費用も、4万円程度と医療系の資格の中では安価な部類に入ります。

公式な資格ではありませんが、安全衛生の分野では歴史ある講座ですので、企業での認知度も高く受けやすい講座です。

企業で働く保健師には、高いスキルが必要です。しかし、保健師資格以外は、働き始めてから取得が出来る資格が多いのも特徴です。産業保健への熱意があれば、産業保健師へのチャレンジは可能です。

そんな企業で働く人の健康を守る産業保健師に是非なってみたいと思ったのなら、当サイトランキングの、産業保健師の求人に強い転職サイトへ登録してみてください。

産業保健師への転職に詳しいコンサルタントが、希望に合った企業への転職をサポートしてくれます。

産業保健師の転職に強い求人サイトは、どこ? 産業保健師の記事一覧

このページの先頭へ